猪苗代湖一周コースで激坂を回避【黒森トンネルを通るルート】

福島県にある黒森トンネル北側入り口

自転車で猪苗代湖1周を一周したいけど坂は避けて通りたいときのコースです。基本的なルートは記事中のリンクをたどって別記事を参照いただければと思います。

なお、激坂は回避しても一級河川の橋を渡る程度の坂はあります。

坂道迂回コースの概要

迂回コースのポイント

以上が、坂道を回避したコースの簡単な概要になります。

つづいて分岐地点のY字路から解説します。

反時計回り(左回り)で坂をよける

猪苗代湖の北側を基点として左回りでスタート後に西岸沿いに最初に現れる坂がコースでは一番の難所かと思われます。

湖畔を離れトンネルコースへ

会津レクリエーション公園の駐車場を過ぎて西岸の湖面が見える道路を南下したところで一時湖面から離れた先にY字路が現れます。

湖が見えなくなった後のY字路

ここを右へ進めば激坂を迂回できる

ここを左に進めば景色は良いのですが坂道コース。

Y字路から進んだ道路

この先に少し坂がある

今回は右へ迂回しますが、この先もゆるい坂があります。

坂道回避のため国道294号へ

小さなトンネルを抜ける

坂を上りきったところで小さなトンネルをくぐります。

国道294へ向かう道

この先の突き当りを左へ

トンネルを過ぎて水田の中を通り国道294号線に出るT字路を左折。

国道に出てから少し進んだところに坂を迂回したことにより立ち寄れる西岸側で唯一のコンビニがあります。

黒森トンネルを通過

福島県にある黒森トンネル北側入り口

長さ978mの黒森トンネル

坂道迂回路のポイントである黒森トンネルは迂回コースの中盤を過ぎたあたりになります。

トンネルの長さは約1km。湖畔一周コースを時計回り(右回り)してしまうと自転車が通れる路側帯の幅が狭くなります。

県道に入り湖畔へ戻る

黒森トンネルを過ぎてから、国道を南下して常夏川の橋と菅川の橋を渡った先に古い商店街のような街並みの通りが現れます。

国道294号にある道路案内

左へ入って青松浜方向へ

ここを青松浜方向(県道236号)へ左折。

舟津方向を示す道路案内

この先を右折して舟津方向へ

直進後に次の道路案内に従い舟津方面へ右折。この先見通しの悪い十字路があるので標識はありませんが一時停止で安全確認

畑の中の十字路

ここを左へ進む

そのまま山へ向かって直進し突き当たりを左折。

激坂コースとの合流地点

ここを直進(左からの道が激坂コース)

この先に見えるT字路が湖畔沿いの激坂を経てきたルートと交わる地点になります。

参照:猪苗代湖一周コース(左回り)ポイント解説-突き当たりT字路を左

あとは既知のお勧めルートに従い東岸へ向かってから磐梯山目指して北上することになります。

基本コース(県道376号)に戻ってから少しの坂がありますが、登り切ってからの眺めが良いのでがんばりましょう。

この湖南湊線の坂を避けようにも適当なルートはありません。

湖が見えない道路を通り同じ程度の坂を登るか猪苗代湖から遠ざかるかになりそうです。

激坂に挑めば見える湖の景色

坂道を大きく迂回し国道294号線を走るコースは、猪苗代湖という雄大な湖を周回するという意味では、多くの絶景ポイントから外れることになります。

西岸の坂をすべてクリアできれば東岸にはない小高い場所から見る湖の先に磐梯山を望む景色が広がるでしょう。

そうは言っても、西岸からの絶景を拝んだあとは交通量の少ない山の中をしばらく進むことになるのと路面状況がけして良いものとは言えません。

自転車で湖畔の坂道ルートを通るのは、上級者向けのコースと言えます。

普段、自転車を使ったトレーニング習慣のない方は坂道コースを選んだ場合、坂を全部通過できたところでかなりの体力を消耗します。

そこで簡単に電車やバスにでも乗れれば良いのですが、手段の確保がなかなか難しい地域だというのが正直なところ。

普段から自転車に乗っていて峠超えが得意だとか言う方を除いては、坂道は迂回するコースを走るのが良いでしょう。

【関連記事】
風もなく波もない晴天の猪苗代湖猪苗代湖一周コース(左回り)ポイント解説【本気で挑む激坂&高所からの絶景編】