変なホテル仙台国分町宿泊レビュー「ダブルルーム編:意外に変テコではなく快適」

変なホテル仙台一番町入り口

変なホテルとしては東北初進出となる「変なホテル仙台 国分町」へ、チョットの期待と不安を入り交じらせながら「変な」の意味を探るべく宿泊してきました。

杜の都に出来た「変なホテル」

変なホテル仙台国分町の場所は知る人ぞ知る東北一の繁華街国分町から徒歩圏内で商店街の通りの中にあります。

変なホテル仙台一番町入り口

JR仙台からは少し離れていますが、地下鉄南北線の広瀬通駅からは歩いてすぐです。

近くには、ショッピングで若者に人気のフォーラス等があって、コンビニもあって便利ですが、東北一の繁華街近くとあって外は24時間やかましい場所でもあります。

部屋に入ってしまえば全く静かではありますが。

お出迎えは面白なホテル

自動ドアから一歩入ると通路の壁にはプロジェクションマッピングによる動画が描かれています。

ここからチェックイン完了までのギミックが、変なホテルの宿泊者が味わえる最高の「おもてなし」といって良いでしょう。

鳳凰のCGがお出迎え

プロジェクションマッピングの演出を経て長い風除室を過ぎると変なホテル共通の無人ロビーに着きます。

ここの入り口からは床面に鳳凰が舞い降りフロントへのルートを直線で描いてくれます。

ホテルの入り口としてはなかなかの演出ではないでしょうか。

東北初ホログラムチェックイン

ホログラムチェックイン

チェックインも変なホテルの特徴であるホログラムチェックイン。

左には伊達正宗、右には恐竜が映し出されて手元のタッチパネルの操作にたいしてウンチクこねてくれました。

ダブルルームの部屋

今回の宿泊で選んだプランはダブルルーム。

予約の際にシングルというのがなかったので、変なホテルはビジネスホテルの要素はあまりなさそうです。

変なホテルの部屋

入り口から見たところ

ダブルルームの間取り(入り口から)

チェックインを済ませ部屋にはいると、あとは特に変なことはありませんが部屋のデザインや質感にはこだわりを感じます。

テーブルとテレビ

部屋は木調が目立つ明るめ

部屋の入り口ドア付近

奥から入り口ドア方向

ダブルルームのベッド

ベッド側の壁には間接照明

枕もとのコンセントとUSB電源

枕もとにはUSB電源あり

バストイレ入り口

ユニットバスの入り口

浴室入り口の隣にある縦長の黒い機械がLGスタイラー(衣類ケア家電)。

スラックスのしわ取りも可能衣類ケア家電のLGスタイラーを体験【変なホテル仙台国分町】

なお、間取りは公式サイトの画像と違うため部屋ごとに数パターンがあるのではと思われます。

バスルーム

ユニットバスの浴槽

浴槽は並のビジネスホテルと同等

今回のお部屋ではバストイレが一緒になったユニットバスでした。

浴室のシャワー

なお、ここのホテルは使い捨てのスリッパの履き心地がとてもよかったです。

「変な」は異色という意味ではない

変なホテルでは、チェックアウトもホノグラムのシステムが対応します。チェックインのときより口数少ないあっさりした対応は人も機械も同じのようです。

このホテルは名称見ると、自分で変だと称しているのだから何か変テコな部分があるのかと想像しますが、実際に宿泊してみると部屋はモダンな雰囲気で落ち着いて過ごすことができます。

変のホテルの公式サイトにも説明がありますが、変なホテルの「変な」は変わり続けるホテルという意味で「変な」と名付けているとのこと。

最近では、新コロあり地震ありの中を乗り切ってやっと宿泊の機会にありつけた「変なホテル」機会があれば他の地域でも利用してみたいと思います。

【ホテル宿泊レビュー関連】
変なホテル仙台一番町の入口変なホテル仙台国分町宿泊レビュー【快適:ツインルーム編】広瀬通から見たダイワロイネットホテル仙台一番町ダイワロイネットホテル仙台一番町宿泊レビューアパホテル福島駅の入口ビジホの無料体験宿泊会に当選したので泊まってみましたスラックスのしわ取りも可能衣類ケア家電のLGスタイラーを体験【変なホテル仙台国分町】